IFAとは -Q&A-

IFAとは

あなただけのライフプランに合ったアドバイスができる 独立したファイナンシャル・アドバイザーです。

IFA(Independent Financial Advisor)とは特定の金融機関に属さない独立したファイナンシャル・アドバイザーのことです。

IFAの多くは金融商品取引業者からの業務委託によって株や債券、投資信託などの売買の仲介を行う“金融商品仲介業者”に所属しています。そのためIFAは、特定の金融機関の営業方針に縛られることなく、投資家のライフプランに合った金融商品や運用のアドバイスをすることが可能です。

欧米では、IFAは大変ポピュラーな存在であり、多くの投資家の方々が金融資産のホームドクターとしてIFAを活用しています。

日本ではまだ認知度が低いものの、長引く低金利・低成長時代を背景に資産運用の機運は高まっており、また、国の金融政策の後押しもあってIFAの数は年々増加しています。

  • 自分のライフプランだけに合った投資がしたい
  • 長期的な運用を責任をもって担当してほしい
  • 証券、保険、税務などの相談をまとめてしたい

選ばれる3つの理由

  • 「真のお客様重視」を実現できる存在である
  • 転勤がないので長期的な信頼関係を築ける
  • 相談料が一切かからない

IFAを活用するメリットはどのようなところにあるのでしょうか。まず、第一に挙げられるのは、IFAこそが「真のお客様重視」を実現できる存在であること。

従来の証券会社や銀行が金融商品を販売して手数料を得るビジネスモデルは、どうしても投資家と利害が相反する側面がありました。

証券会社や銀行のファイナンシャル・アドバイザー(営業担当者)は、数多くの顧客を抱えながら会社のために業績を上げなくてはなりません。そのため投資家の方々のライフプランに合っているかどうかに関わらず、会社の決められた商品をセールスすることに重点が置かれます。金融機関にとっては販売手数料がおもな利益であるため、投資家1人ひとりに合った提案が出来ず十分な資産形成は達成できません。

一方、IFAは特定の金融機関に属さないため、営業ノルマはありません。投資家1人ひとりのライフステージや意向・実状を理解しながら、ニーズに合致した金融商品を選び、資産形成・管理・防衛などのアドバイスを行うことのできるのが特長です。また、IFAはお客様からのご注文を証券会社へ取次ぎ、IFAは投資家からいただいた手数料の一部を証券会社から報酬として得るため、別途相談料を頂戴することはありません。IFAは投資家の資産を殖やすことが自身の利益になるため、投資家の皆様とWIN-WINの関係を築くことができるのです。

Q&A

  1. IFAと証券会社のアドバイザーとの違う所は?
  2. 手数料はどうなっているの?
  3. IFAとはどのようにお付き合いすればいいの?
  4. どのような商品を扱えるの?
  5. 相談料はかかるの?
  6. 相談料もかからないのに、IFAはどのように報酬を得ているの?
  7. アイ・パートナーズ・フィナンシャルには何名くらいのIFAが所属しているの?
  8. アイ・パートナーズ・フィナンシャルの現在の地位は?

IFAと証券会社のアドバイザーとの違う所は?

会社都合の転勤がないので、ずっとお客様に寄り添ってアドバイスを続けることができます。

15年も20年もお付き合いをしていると、お客様にとっては「なんでも相談できるしなんでも質問できる人」だそうです

お客様側からすると、アドバイザーの手数料や取扱商品のノルマによって、アドバイスされる商品が決まってしまうなんて、そんな馬鹿なことがあってはならないですね。

本当にお客様の資産を守るため、増やすために長期で付き合ってくれるのがIFAです!

手数料はどうなっているの?

手数料は、コースを選択することもできますが、基本的には対面型の証券会社の手数料と同じ程度か、それより安いイメージです。

お客様から私たちIFAが直接いただく手数料、相談料等はありません。

IFAとはどのようにお付き合いすればいいの?

アイ・パートナーズ・フィナンシャルはIFAに対するノルマもなく、所属するIFAの働き方は自由です。

株が大好きで研究熱心なIFAもいれば、長期の資産形成の相談に乗ってくれるIFA、主婦の立場でアドバイスをくれる女性に支持の高いIFA、保険や相続のことも含めて生涯のパートナーとなってくれるIFAなど、さまざまなタイプのIFAがいます。

お客様にぴったりのIFAを紹介しますので、ぜひ弊社に「こんな相談に乗ってほしい」とお伝えください

どのような商品を扱えるの?

アイ・パートナーズ・フィナンシャルでは、楽天証券、SBI証券、エース証券の3社と契約をしていますので、その証券会社で扱っている商品(例えば株、債券、投資信託、外貨MMFなど)を扱っています。ただし、一部、FXなどはお取り扱いできないものもあります

相談料はかかるの?

実際の金融商品取引契約は、お客様と証券会社との間で締結されますので、弊社のIFAがお客様から報酬をいただくことはありません。また、相談料や顧問料のようなコストも一切かかりません。

相談料もかからないのに、IFAはどのように報酬を得ているの?

お客様が証券会社に支払われる手数料の一部を、証券会社からいただいています。

アイ・パートナーズ・フィナンシャルのIFAは、十分経験を積み、お客様基盤をしっかり構築しているIFAばかりです。お客様を幸せにするにはIFA自身も幸せでなくてはなりません。弊社は、お客様とともに、IFA自身も豊かな人生を歩めるよう、IFAをサポートしています。

アイ・パートナーズ・フィナンシャルには何名くらいのIFAが所属しているの?

弊社は横浜市の本店のほか、新宿、竹橋、浦和、浜松、名古屋、伊勢、京都、大阪、加西、高松、福岡に支店オフィスがあり、現在の登録IFAの数は100名を超えました。

アイ・パートナーズ・フィナンシャルの現在の地位は?

IFAによる金融商品仲介業者の中では、間違いなく最大規模のトップランナーです。

弊社は2009年の創業以来、IFAの知名度を上げるためにさまざまな取り組みを行ってきました。10年後には活躍するIFAを1,000人に、20年後には5,000人に増やしたいと考えています。

ライフプランの相談窓口

証券、保険、税務etc..何でも相談できます。

資産を形成・管理するには、10年〜20年の長期運用が求められます。しかし、従来の金融機関には人事や転勤があり、ファイナンシャル・アドバイザーは、在籍している短期間での成績が評価されます。そのような付き合いでは長期の運用は難しいのが現実です。

一方、会社の拘束を受けないIFAは、お客様との継続的な付き合いが評価の全てです。そのためIFAは純粋なプロフェッショナルとして投資家1人ひとりと向き合い、資産形成の管理・防衛に必要な情報収集に日々尽力しています。IFAは転勤などありませんので、辞めたり逃げたりしないという責任を持っているのです。

また、これまでは証券のことは証券会社へ、保険のことは保険会社へ、税務のことは税理士へと個別に相談しなくてはならない煩わしさがありましたが、IFAはそれらの分野とも連携しています。IFAは、老後のゆとりのために資産を形成したい若い世代から、相続をお考えの方まで、お金に関することなら人生のステージに合わせて何でも相談できる心強いパートナーなのです。

PAGE TOP